2012年11月16日

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

花粉症が治ったり治らなかったり!
一度は治ったと思ったんですけど、ぶり返してまた涙目状態です。
長時間モニターを見続けるのは厳しい。しかし!
今日はヱヴァ:Qの冒頭が観れるというのでその部分だけ観賞しました。
ネタバレは伏せるとして、早く続き観てぇぇぇ! でも目が痛てぇぇぇ!

それでも早く映画館に行きたいのは山々なんですけど、
なにぶん地元でやってないのでネットで評判の修羅の国に行かねばならんのですよね。
猟奇殺人者がロケットランチャー担いでカツアゲしてくる大都会ですよ。
カツアゲ対策に財布の中身は最小限にして、武器は拳銃だけでいいかな。

それより花粉症と頭痛、人ごみアレルギー克服が間に合うのかが心配です。
多分、最速で観に行くことは出来ないと思うので、私はネットをやめる。
もう一度言う。私はインターネットをやめる!
観賞を実現するその日まで、ネタバレは絶対に踏まんぞォ!
メールすら見ないかも知れないので、連絡は念力とかでお願いします。



posted by Kタカ - 日記

2012年11月28日

恥ずかしながら帰って参りました。ヱヴァ:Q観ました。

こらっ! 誰ですか、福岡は修羅の国とか言ってる人達は!
あまりにもネット上で怖いことを言われるので完全武装で映画館へ行ったのですが、
まったくもって平和そのものでしたよ。
誰もロケットランチャーなど持ってないし、拳銃も威嚇射撃で数発使っただけでした。
誤解を広めるのもいい加減にして欲しいですね。怖くない。福岡、怖くない。

肝心のヱヴァ:Qですが、とりあえずまだネタバレはなしで。
ただ、観終わった後、しきりに聞こえて来た感想は、
「ついていけなかった」「その発想はなかった」「わけがわからないよ」
といったもので、はい、僕も同じ感想でした。
破と違って面白い部分が解り難い、難解で実にエヴァらしく、
今の時代に沿わない内容でしたね。
もしエヴァじゃなかったら間違ってもヒットはしない映画(笑)

必死にネタバレ回避して来ましたけど、むしろネットで歴戦の猛者達の考察を読んで、
ああ、そういう解釈があるんだ、と知識を得た上でもう一度観たいと思いましたね。
それなら、ああ、ここが面白い部分だったのか!
と解ると思うし、実際、理解が追いつけば面白い作品だと思います。
もう一回観に行く気はないけどね!

いや、例によって大音響で頭痛が厳しくてな……
映画館はこれだから苦手ですよ。Blu-rayはよ。



posted by Kタカ - 日記

2012年11月30日

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qネタバレ

ポスターですでにカヲル君の髪型が変だと話題になってはおりましたが、
あの後ろ髪ツン立ちスタイルは何なんですかね?
カヲル君クラスの美少年なれば常に謎の風を浴びて髪がなびいてる方が自然なのに。
アレじゃカヲル君の魅力が3%くらいダウンしていると感じました。



黒タカさんもQ見て頭痛くなられましたか(><)
自分も観たその日は一日刺すような痛みが続いて大変でした。
画面を凝視しすぎたせいかと思ってたんですが、
音量も関係してたんですね。
今後黒タカさんのネタバレレビューを楽しみに待ってます。
寒い時期ですのでお体ご自愛ください。
名前 = 咲き乱れる徒花
性別 = 女性
派閥 = とんこつ派

咲き乱れる徒花さん、こんにちは。
僕はいつも明確に音でやられているので、やっぱり大音響は影響大だと思います。
特にヱヴァ:Qは何かずっと爆発してたような記憶がありますしね。
劇場がシーンとなって雑音が聞こえる場面があんまりなかったような気がします。
画面凝視は席がスクリーンに近いと僕もダウンしそうですね。
とはいえ大音響大スクリーンが映画館の醍醐味なので、
大多数の人は問題ない、むしろもっとやれくらいの勢いなのだと思いますが。
咲き乱れる徒花さんもご自愛下さいませ。

というわけでネタバレ感想いってみようか!

ネタバレ



posted by Kタカ - 日記