2011年01月26日

【最終回】 さらば、うみねこ! またなく頃に!(完)

うみねこのなく頃に 〜魔女と推理の輪舞曲〜

そんなに続きが気になるなら完結してる(?)PC版を買えば良いじゃないの。
と思われるかも知れませんが、僕はこのPS3版が良いのですよ。

いや、絵については「東方」と「のなく頃に」の原作絵について何事か物申すと
夜道で不審死を遂げることになるという怪談を伝え聞くので言及を避けますが、
このPS3版はとにかく声優陣がスゴいのですよ。
豪華声優陣大集合! とかいう安っぽい意味ではないですよ?
その演技が、あるいは演技指導が凄まじいのです。

ゲームの収録ってアニメや吹き替えとはやはり勝手が違うのか、
声優が微妙に、あるいは露骨に下手まるイメージがあるじゃないですか。
それはやっぱりゲームに触れない世代に顕著で、
経験豊富なはずのベテランほど何故か下手まっていたりといったことも少なくない。
なのにベテラン起用で大作アニメや洋画レベルのアフレコを再現するから、
かの小島監督が評価されているという側面もあると思うのですが、そのレベルです。
「うみねこのなく頃に 〜魔女と推理の輪舞曲〜」もそのレベルに達しています。

何者が演技指導したのか判りませんが、とにかく誰も彼も演技に気合が――、
否! 魂が入っています。入り過ぎて不気味なくらいです。気持ち悪いくらいです。

――何故そこまで熱演しなきゃならないのか?
――これはそこまでするような大作ゲームだったのか?

そんな失礼なことさえ問いたい気持ちになります。
開幕、いきなり右代宮金蔵(麦人)の演技で誰もが度肝を抜かれるはずです。
キール議長ファンは間違いなく鳥肌が立つでしょう。
キール議長ファンなんていないですが、間違いなく鳥肌が立つでしょう。

普段、声を飛ばすことも少なくない僕ですが、
ゲームでここまでのアフレコを再現されてはフルボイスを全聴するしかない。
この異常な量のフルボイスを全て一語一句漏らさず
最後まで聴くことになるとはプレイ前にはまったく思いませんでした。予想外です。
だからPS3版が良いのです。あれだけ聴いてもまだ聴き足りない、そんな熱演でした。

ただ、一つだけ難を言えば、このゲーム、忍者が「ニンニン」を付けるような頻度で
大半のキャラが語尾にアヒャヒャヒャ! みたいなテンションで笑うんですよね。
アヒャヒャヒャ! ひっひはははは! きーひっひっひひひひ! ひゃはあァー!
と文字が奇声で埋め尽くされるのはイカレてて確かにインパクトはあるのですが、
それがフルボイスではどうかッ! うるさい! いや、テンポが悪い。

それこそボタン押して奇声を飛ばせば良いだけの話なのですけども、
基本、このゲームはオートプレイで流すだけで、パッドに触らないと思うんですよ。
確かに原作ファンはそこも含めてフルボイスにして欲しいのかも知れませんが、
僕はボイスを入れるなら声入り用のテキストに直しても良かったと思うのです。

正直、奇声はいっそ50%くらいカットしても良かったと思う。
テンポは悪くなるし、声優も疲れるしで無駄なエネルギー消費ではないのか。
こればかりは自重して、規制した方が良かった。奇声だけに規制を(

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
この記事はアルケミスト公認です。
アルケミストの公認および本記事掲載は無報酬です。
事実誤認の修正ならびに本文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




posted by Kタカ - うみねこのなく頃に