2005年02月13日

地球全体でハッピーエンド♪

>おメール
えー、ToHeart2買いました。
はい、カード親に借りちゃってまで・・・。
ちゃんとここから買ったことになってるかどうかが唯一の不安です。
性別 = 男
年齢 = 22才


こんな犯行声明文が寄せられていました。

いやいや、そんなことはないでしょう。
僕が見た段階ではToHeart2の在庫はゼロ。
となれば22才男性さんが購入した一個を以って
また在庫が切れてしまったことになります。最後の一個を当サイトが確保。
これは以前のツチノコさんのケースとほぼ同じと言って良いでしょう。
AmazonのToHeart2はうちの独占販売じゃねぇんだ

僕がそんな感想を持ってしまうのも致し方なしと言えるでしょう。
それに、氏が語る
>ちゃんとここから買ったことになってるかどうかが唯一の不安です。
の一文ですが、親御さんはもっと不安だよ! 息子さんの行動が!

こんな… こんな哀しいToHeart2が売れているわけがない…
そう、売れて良いわけがないんだ…

そう思いながら開いたAmazonのレポート画面では、
しかししっかりともう嫌というほど見た文字列が表記されていて、
その横に“1”と数字が付いていたんだ。

つまり、売れた


いやっほ――――ぅい!!

いやぁToHeart2… 良いね!!
ちょうど通常のクスリに花粉症のクスリがプラスされて
困窮に喘いでいたから助かっちゃったよ!
この売り上げ228円は大事に使わせて貰うね!
22才男性さんありがとう!絶対缶コーヒーとか買わないから!!
どんなにノド渇いてても缶コーヒーとか買わないから!!

これで僕は収入を得て、ツチノコさんは改名を免れ、
ヤサカニさんはビキニカラテを攻略出来る! まさに最高の結末!
ハッピーエンドを導いてくれた22才男性さんに皆さん、盛大な拍手を!
人間に生まれて良かった! 僕たち人間に生まれて良かった!
何かスパロボのアスカではなく、育成計画のアスカを育成するべきではないのか?
といった投書も来てたけど、良いね!
もっと売れたら揺れるようになるまで育成するよ! 人間だからね!

それではこの戦いを見守ってくださった全ての方々に、
ありがとうございましたぁぁ!!

ビキニカラテ スーパープライスエディション



posted by Kタカ - メール