2013年07月05日

慢心、環境の違い。



JOJO25周年で1〜2部TVアニメ化(まあまあ好評)+ゲーム化(期待度高め)に対して、北斗30周年でDD北斗の拳(寒め)なんてのはなんだか扱いの差が酷すぎると思いませんか?
これに対抗する為には北斗ハリウッドで映画化!くらいのニュースがないと厳しいでしょうか。
それはそれで死亡フラグな気もしますけれど…。
名前 = 殺戮の闇天使
性別 = 男性
年齢 = 25才
派閥 = 北斗30周年派

殺戮の闇天使さん、こんにちは。
北斗はもう原作続編に再構築映画等、打てる手を全部打ってしまっていて、
しかも声優に芸能人起用等で総スカンを喰らったために弾がないんですよね。
DD北斗の拳しか弾がないんですよね。

一方でジョジョはネット人気は当然のこと、何故か急にジョジョ立ち等、
一般メディアで話題として取り上げられて一気にファン層を広げた感がありますね。
皮肉にもそれを狙った北斗の芸能人起用より遥かに効果があったという。
ジョジョはアートというイメージが浸透したのも大きいですね。

先日、DD北斗の拳が感動の最終回を迎えたことで
これで僕はアニメジョジョ、DD北斗と両方完走したことになるわけですが、
ジョジョはせっかくのアニメなのだし、
初期の多すぎる説明台詞は削って動きで見せるのかと思ったら、
むしろあまり動かずにひたすらスピードワゴンが喋っていて面白かったです。
細かいストーリーも忘れていたのでそういう意味でも楽しめました。

DD北斗の拳は最後の方で原作パロが増えてそこだけ面白かったです。
もっと最初からあの名台詞、名シーンをDDのシチュエーションで再現したらこうなる、
という路線で作ってくれれば楽しく観れたと思うんですけどね、ファンは。
オリジナルは面白くなかったなぁ、うん。

実写化は妥協してTMAでも良いとTwitterでツウィートしたことがあるのですが、
おおむね総スカンでしたね。



posted by Kタカ - メール