2005年05月30日

臨機応変の一子相伝。

>おメール
すいません質問なんですけど、北斗神拳は一子相伝で、
継承者争いに負けた者は拳を封じられたり
記憶を奪われたりするらしいですけど、
ジャギ、トキ、ラオウは普通に北斗神拳をつかってますよね?
これはナゼですか?
性別 = 男
年齢 = 19才


ああ、この問題は諸説ありますね。
本来、拳を封じる役目だったリュウケンが
ラオウにソッコーで殺されたというのが
何より一番の要因と言えるのではないでしょうか。

その後は正統継承者であるケンシロウが彼らの拳を
封じなければいけなかったんでしょうけど、ジャギを殺せなかったですし、
ラオウ、トキに至っては生きてると聞いてビックリしてましたしね。
核戦争のうやむやで死んだと思ってたんでしょうか。
もう何もかもうやむやのままユリアとランデブーだったんでしょうか。

でも一応、結果としてジャギの拳は封じたし、
兄が生きてると知った後はラオウの拳も封じたので
役目は果たしてるんですよね。拳どころか命まで封じてますが…
トキは言わずとも時が来ればコウリュウみたいに
自分で封印してくれるだろうから戦う必要もなければ
記憶を奪う必要もなかったのでしょう。

とはいえトキは少なくともケンの前では北斗神拳を使っちゃ駄目だったはず。
ケンは内心、おいおい俺が伝承者だろうがよ、使うなよ、俺の前で。
と思ってた可能性も否定出来ない。
ラオウ戦でのみ北斗神拳を解禁、という形であれば
兄の拳を封じるという大義名分でまかり通ったとは思うのですが…
闘うときは対烈闘破鋼棍の人戦みたいな感じで体術だけで。
医療として使う秘孔はどうも封じなくてもOKみたい。




posted by Kタカ - メール